エスノセントリズム

一般

エスノセントリズム

えすのせんとりずむ

意味

【ethnocentrism】

自民族中心主義

自民族を絶対化して、異民族を自民族中心の常識で理解しようとすること。他民族を相対的に理解できても、その価値を尊重できないこと。人類学などによって、人類の共通性を見出せない限り、他民族を理解するのは難しいというもの。排他主義排外主義の背景であって、そのものではない。

目次
  • 意味
  • 関連
    • 「エスノ」に関する用語
    • 「セントリズム」に関する用語
    • 「中心主義」に関する用語
    • 関連用語