スマートフォン用の表示で見る

エドガー・ケイシー

一般

エドガー・ケイシー

えどがーけいしー

Edgar Cayce

(1877〜1945)

アメリカの有名な超能力者。催眠状態に入って各種予言を行った。

彼自身の言によると

「宇宙の彼方に、全宇宙の過去から未来までのすべてのことを書いた記録、アカシックレコードというものを収めた巨大な図書館みたいなものがあって、自分は未来を予知しているのではなく、ただその記録を読んでいるだけだ」

病気に関する透視の中には、医学の進歩によって没後に正しかったことが判明したこともいくつかある。

糖尿病の人に食べることが薦められていたキクイモ (菊芋) から、有効成分のイヌリンが発見されたのは、その一例。

幸福の科学

エドガー・ケイシー(1877〜1945)・・・アメリカの予言者、心霊治療家。「眠れる予言者」「20世紀最大の奇跡の人」などと称される。催眠状態で、病気の治療法や人生相談等について数多くの「リーディング」を行なった。エドガー・ケイシーの魂の本体は、医療系団の長であるサリエル(七大天使の一人)であり、旧約の預言者イザヤとしても生まれている(『永遠の法』『大川隆法霊言全集 第34巻』参照)。