スマートフォン用の表示で見る

エドモンド・デ・アミーチス

読書

エドモンド・デ・アミーチス

えどもんどであみーちす

(Edmondo De Amicis, 1846年10月21日 - 1908年3月11日

イタリア王国の作家。イタリア北西部(当時サルデーニャ王国領)の町オネッリア?1923年よりインペーリア市?の一部)で生まれる。イタリア統一運動の時代に育ったアミーチスは1860年、14歳のときに、ジュゼッペ・ガリバルディの千人隊(赤シャツ隊)に志願したほどの愛国者であった(幼少として断わられる)。

代表作に、統一イタリアの子供の教育用に書いた愛国小説『クオーレ』 (Cuore) がある。この作品の中の挿話短編「アペンニーノ山脈からアンデス山脈まで」 (Dagli Appennini alle Ande) が、日本では『母をたずねて三千里』のタイトルで知られている。『クオーレ』を初めて日本語訳したのは教育者の三浦修吾で、彼が「愛の学校」というサブタイトルをつけた。