エドワード・マウンダー

サイエンス

エドワード・マウンダー

えどわーどまうんだー

[英] Edward Walter Maunder

エドワード・マウンダー(1851年4月12日 - 1928年3月21日)は、イギリス天文学者である。

太陽黒点の研究で知られ、1645年から1715年までの黒点出現頻度の少なかった期間が存在したことを明らかにした。

彼の功績にちなみ、この時期を「マウンダー極小期」と呼んでいる。