スマートフォン用の表示で見る

エネファーム

2008年6月25日に燃料電池実用化推進協議会FCCJ)が家庭用燃料電池の認知向上を推進する取り組みとして決定した家庭用燃料電池コージェネレーションシステムの愛称。都市ガスやLPガス灯油などから燃料となる水素を取り出し、空気中の酸素と反応させて発電するシステムである。発電時の排熱は給湯に利用できる。二酸化炭素の削減効果があるが、導入コストはガス給湯器と比べると高い。