スマートフォン用の表示で見る

エバステル

成分(一般名):エバスチン?

製品例:エバステル錠5mg~10mg

区分:他のアレルギー用薬/その他/持続性選択H1受容体拮抗剤

  • 概説

アレルギーをおさえるお薬です。アレルギー性の病気に用います。

  • 作用

【働き】

アレルギーの発症には、ヒスタミンやロイコトリエンなどいろいろな体内物質が関与しています。このお薬は、おもにヒスタミンをおさえることで、各種のアレルギー症状を改善します。クシャミ、鼻水、じんま疹、皮膚のカユミなどに有効です。花粉症アトピー性皮膚炎にも使います。

とくに、アレルギー性鼻炎(くしゃみ、鼻水)によい効果があります。アトピー性皮膚炎では、カユミの軽減効果が期待できます。

アレルギーの原因そのものを治すことはできません。

【薬理】

おもな作用はヒスタミンH1受容体拮抗作用。ヒスタミンがくっつく受容体をブロックする作用です。そのほか、ヒスタミン遊離抑制作用もあります。

  • 特徴

広く抗アレルギー薬に分類される「ヒスタミンH1拮抗薬」です。第2世代抗ヒスタミン薬でもあり、よけいな中枢神経抑制作用や抗コリン作用が弱く、眠気や口の渇きの副作用が少ないです。

比較的速効性です。服用後、まもなく効果がでてきます。

持続性があるので、1日1回の服用ですみます。