エピファネイア

スポーツ

エピファネイア

えぴふぁねいあ

競走馬種牡馬。馬名意味はクリスマスから12日目にあたる1月6日「公現祭」(ギリシャ語)。

2013年クラシックでは、皐月賞ロゴタイプの2着、東京優駿キズナの2着に敗れたが、菊花賞ではサトノノブレスに5馬身差をつけて圧勝。鞍上の福永祐一は牡馬クラシック初制覇となった。父福永洋一菊花賞を獲得しており、親子2代での菊花賞ジョッキーとなった。また、シンボリクリスエス産駒としても初のクラシック制覇となった。

2014年は始動戦の大阪杯キズナの3着に敗れた後、香港に遠征。クイーンエリザベス2世カップではデザインズオンローム(Designs on Rome)の4着に敗れた。6ヵ月の休養明けの後、秋緒戦の天皇賞(秋)では出遅れが響きスピルバーグの6着に敗れた。次走のジャパンカップでは、福永ジャスタウェイに騎乗するため、フランスの名手クリストフ・スミヨンを鞍上に迎えた。直線残り400m過ぎで先頭に立つと、2着ジャスタウェイに4馬身突き放す強い競馬で圧勝した。続く有馬記念では川田将雅が騎乗したが、ジェンティルドンナの5着に敗れた。

2015年ドバイへ遠征し、ドバイワールドカップに出走したが、初挑戦のダートが合わず最下位の9着に敗れた。帰国後は宝塚記念へ向けて調整されていたが、6月10日の調教後に左前脚繋靭帯炎発症、復帰を断念して現役を引退することになった。

2016年より北海道安平町社台スタリオンステーション種牡馬として供用されている。

エピファネイア

生年月日2010年2月11日
性別
毛色鹿毛
シンボリクリスエス
シーザリオ
母の父スペシャルウィーク
生産者ノーザンファーム安平町
馬主キャロットファーム
管理調教師角居勝彦栗東
生涯成績14戦6勝
主な勝ち鞍2014年ジャパンカップGI
2013年菊花賞GI
2013年神戸新聞杯GII
2012年ラジオNIKKEI杯2歳ステークスGIII
備考