スマートフォン用の表示で見る

エベレスト

地理

エベレスト

えべれすと

Everest

世界一高い山。

名前の由来

インド測量局長官ジョージ・エベレストに因む

現地名

チベット名:チョモランマ/Chomolangma(「大地の母」という意味)

ネパール名:サガルマタ/Sagarmatha(「世界の頂上」という意味)

中国名:珠穆朗瑪峰(「チョモランマ」の漢字表記)

標高

標高:8850メートル(29035フィート)

(1999年5月までは8848メートルとされていた)

位置

北緯27度59分、東経86度56分

中国チベット)とネパールの国境

ヒマラヤ山脈

登山料

ネパール側から入山(ノーマルルート)
25000米ドル/人
チベット側から入山
5000米ドル/人

登頂記録

世界初登頂
1953年5月29日:エドモンド・ヒラリーテンジン・ノルゲイ*1
日本人初登頂
1970年5月11日:松浦輝男?植村直己
女性世界初登頂
1975年5月16日:田部井淳子
酸素世界初登頂
1978年5月8日:ラインホルト・メスナー、ペーター・ハベラー?
義足世界初登頂
1998年5月27日:トム・ホイッテーカー?
盲人世界初登頂
2001年5月24日:エリック・ヴァイエンマイヤー?

*1:約30年前の1924年、ジョージ・マロリー?らが登頂に成功していた可能性もある。