エミール・ノルデ

アート

エミール・ノルデ

えみーるのるで

(本名エミル・ハンセン 1867−1956年) どいつの画家。1906年からドイツ表現主義の集団〈ブリュッケ〉に所属し、また〈青騎士〉のメンバーとも接触して、絵画や版画を作成し表現主義の代表的画家とされる。ナチス政権下では退廃芸術家の烙印を押され、その絵が没収された。紫色の空の色が印象的な画家である。