エリ・エリ・レマ・サバクタニ

キーワードの候補

2件

一般

エリ・エリ・レマ・サバクタニ

えりえりれまさばくたに

磔にされたイエス・キリストが言った最後の言葉。「わが神、わが神、なぜわたしをお見捨てになったのですか」という意。

マタイによる福音書マタイ伝)』第27章

さて、昼の十二時に、全地は暗くなり、それが三時まで続いた。三時ごろ、イエスは大声で叫ばれた。「エリ、エリ、レマ、サバクタニ。」これは「わが神、わが神、なぜわたしをお見捨てになったのですか」という意味である。」(45-46節)

 イエスが、神への不信を表明したとする解釈がある一方、旧約聖書の『詩篇』第22篇を謳おうとしていたとする見方もある。

わたしの神よ、わたしの神よ

なぜわたしをお見捨てになるのか。

なぜわたしを遠く離れ、救おうとせず

呻きも言葉も聞いてくださらないのか。(第1節)

この詩篇の最後は

わたしの魂は必ず命を得

子孫は神に仕え

主のことを来るべき代に語り伝え

成し遂げてくださった恵みの御業(みわざ)を

民の末に告げ知らせるでしょう。(第30-32節)

となり、神への讃歌となっている。この場合、イエスは神への讃美を捧げていたということになる。

(※訳は新共同訳)

映画

エリ・エリ・レマ・サバクタニ

えりえりれまさばくたに