エリートヤンキー三郎

マンガ

エリートヤンキー三郎

えりーとやんきーさぶろう

週刊ヤングマガジンに連載されていた、阿部秀司・作の不良ギャグマンガ

私立徳丸学園高等学校は県内屈指の不良校であり、その学校を仕切っているのが県内全域に名を轟かす極悪な大河内一郎と大河内二郎の「大河内兄弟」であった。

2人の強さは半端ではなく、校内どころか教師や警察でさえも逆らえないのである。

そしてこの春、彼らのいる徳丸高校に大河内兄弟の末っ子、大河内三郎が入学する事になり、当然周囲は騒然とする。

しかし、三郎はどこにでもいる内気で少しオタクな普通の高校生だったのだ。

だが周囲の誤解や運の無さ、そして三郎に秘められた真の力により彼は徳丸学園を仕切るエリートヤンキーとして自身の思いとは裏腹にのし上がって行く。

2007年4月よりテレビ東京にて石黒英雄主演でドラマ化される。