エル・ビスカイノのクジラ保護区

地理

エル・ビスカイノのクジラ保護区

えるびすかいののくじらほごく

(英名:Whale Sanctuary of El Vizcaino、仏名:Sanctuaire de baleines d'El Vizcaino)

1993年に登録されたメキシコの世界遺産自然遺産)。太平洋カリフォルニア湾に挟まれた、メキシコバハ・カリフォルニア半島中央部に位置する。セバスティアン・ビスカイノ湾?一帯は、コククジラが交尾と出産を行う世界有数の繁殖地である。コククジラは冬になると、北太平洋ベーリング海から南下し、毎年12月から翌年3月まで過ごす。乱獲によりコククジラは一時激減したが、1947年に国際的な保護下に置かれたため、この地でも毎年約2000頭が過ごすまでに改善された。また、ここには、キタゾウアザラシ、アオウミガメタイマイなど、絶滅危惧種も生息する。こうした貴重な自然環境評価され、世界遺産に登録された。

関連

エル・ビスカイノ生物圏保護区