ロンメル からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

一般

エルウィン・ロンメル

えるうぃんろんめる

ドイツ軍人:(1891-1944)

フルネームはエルヴィン・ヨハンネス・オイゲン・ロンメル第2次大戦で活躍したドイツ陸軍の名将。プライベートで狐を飼っていたことから、つけられたニックネームは「砂漠の狐」。

北アフリカ戦線ではドイツアフリカ軍団(DAK)を率いて、圧倒的物量差のイギリス軍戦車部隊に対し、限られた自軍の戦力を知力で駆使し、撃退した。

数で劣る自軍の戦車に鎖を引かせ、実際の戦車両数以上の砂煙りを立て、敵に自軍戦力を見誤らせたというエピソードはあまりに有名。また捕虜の扱いが手厚く、その両面からも、連合軍から一目置かれる存在であったという。

戦中、その挙げた戦績の多さから、国民的英雄にまで名が知られるようになるが、ヒトラー暗殺疑惑がかけられ、家族を盾に自殺を強要され、自宅の庭で服毒、命を引き取った。ドイツ国民に対しては「戦死」と伝えられ、盛大な国葬がなされた。

著作

歩兵の攻撃」