スマートフォン用の表示で見る

エルネスト・ネト

アート

エルネスト・ネト

えるねすとねと

ブラジルを代表する現代美術家の一人で、布や香辛料など自然の素材を用いた作品で知られるアーティストです。2001年のヴェネチア・ビエンナーレではブラジル館の代表となるなど、既に世界的な評価は高く、出身地であるリオ・デ・ジャネイロを拠点にしながら、多くの展覧会、プロジェクトに参加している。

また日本においても、2001年に「スペース・ジャック!」展(横浜美術館アートギャラリー)で初めて紹介された後、川村記念美術館金沢21世紀美術館越後妻有トリエンナーレ豊田市美術館など、数多くのグループ展に参加。今回も本展と同時期に丸亀市猪熊弦一郎現代美術館で個展が開催されます。有機的なフォルムと柔らかい素材の彼の作品に入り込むと、感覚は次第に解き放たれていき、まるで胎内にいるような安らぎに包み込まれます。