スマートフォン用の表示で見る

エルネスト・レクオーナ

音楽

エルネスト・レクオーナ

えるねすとれくおーな

1896年生、1963年没 キューバ作曲家

小さいころから才能を発揮し、18歳で音楽大学を卒業。以後アメリカにわたり、ピアニストとして活躍。同時に作曲を始めキューバの民族色の濃い曲や舞曲などのほかハリウッド作品の音楽も作曲

1932年「レクオーナキューバン・ボーイズ」を結成

ガーシュウィンのラプソディ・イン・ブルーを演奏して名を馳せ、キューバガーシュウィンとの呼び名がついたといわれる。

1959年キューバ革命が起こり、スペイン亡命