エルノー・ルービック

一般

エルノー・ルービック

えるのーるーびっく

[洪] Rubik Ernő

エルノー・ルービック(1944年7月13日 - )は、ハンガリー発明家、彫刻家、建築家

ハンガリーブダペスト出身。

彼の名を冠したルービック・キューブを初めとする機械式パズルの発明で世界的に知られている。

1967年にブダペスト工科大学(Műszaki Egyetem)を卒業し、院生として彫刻と屋内建築について研究した。

1971年から75年にかけて建築家として働き、その後、学究生活に戻ってブダペスト応用美術大学(Iparművészeti Főiskola)の教授となった。

ぞの後、ハンガリー工学アカデミー(Magyar Mernoki Akademia)の総長の座に就いた。

後に、国際ルービック財団を設立し、特に才能のある若手のエンジニアや工業デザイナーの支援に乗り出している。