エレクトロキューショニスト

スポーツ

エレクトロキューショニスト

えれくとろきゅーしょにすと

エレクトロキューショニストElectrocutionist

生年月日2001年生まれ、牡、鹿毛
生産者Compagnia Generale Srl.(米国
Red Ransomレッドランサム
Elbaaha
母の父Arazi
馬主Earle I.Mack → Godolphin
管理調教師Valfredo Valiani(伊国) Saeed bin Suroor(首国)
競走成績12戦8勝(伊・英・加・首)
主な勝ち鞍ミラノ大賞 英インターナショナルS ドバイワールドカップ


2005年の英国インターナショナルSゼンノロブロイをクビ差退けたイタリア調教馬。2006年からはゴドルフィンにトレードされ、ドバイワールドカップを制覇した。その後もキングジョージで2着するなど活躍していたが、2006年9月に心臓発作と思われる症状で急死した。


エレクトロキューショニストElectrocutionist)の血統


Red Ransom Roberto Hail to Reason Turn-to
Nothirdchance
Bramalea Nashua
Rarelea
Arabia Damascus Sword Dancer
Kerala
Christmas Wind Nearctic
Baly Free
Elbaaha アラジ
*Arazi
Blushing Groom Red God
Runaway Bride
*Danseur Fabuleux Northern Dancer
Fabuleux Jane
Gesedeh Ela-Mana-Mou Pitcairn
Rose Bertin
Le Melody Levmoss
Arctic Melody


リスト::競走馬

目次
    • エレクトロキューショニスト(Electrocutionist)
    • エレクトロキューショニスト(Electrocutionist)の血..