エレファントラブ

音楽

エレファントラブ

えれふぁんとらぶ

元・カステラの福地伸幸(のちに星野晶と改名)、宮内秀実(のちにヒリックと改名)、真心ブラザーズ倉持陽一(のちにYO-KINGと改名)の早稲田大学の音楽サークルGEC(=早大ギターを楽しむ会)仲間で結成された、3MCのヒップホップユニット。

『大人は楽しい』『愛の地球に生まれて』『でもこの世界が好き』など、韻を踏む等の既存のラップの概念にとらわれない、生活感と愛あふれるメッセージを優先した楽曲で熱い支持を得る。

一時期、リップスライムフミヤがDJを務めたことでも知られる。

映画『金髪の草原』エンディングテーマも。


公式サイトはまだ継続中。

歌モノラップがようやく世間に浸透しはじめた今、復活が待たれる。


オールドスクール風味のヒップホップ・ユニット。

彼ら最大の魅力は「徹底的に“愛”にこだわったリリック」と「ロック的ダイナミズムを包括したバック・トラック」にある。

また、忌野清四郎らいわゆる「他ジャンル」とのアーティストとのコラボ等、ジャンルを超えたサウンドメイキングで「10歩先を歩くヒップホップユニット」として名を馳せた。」

「多くのファンに惜しまれつつ、2003年1月にその活動に終止符を打ったが、未だその世界観に魅せられた人間に禁断症状を与え続けている。」(※公式サイトより)