スマートフォン用の表示で見る

エンケラドゥス

サイエンス

エンケラドゥス

えんけらどぅす

土星の第2衛星土星の輪の中を回っている。1789年ウィリアム・ハーシェルによって発見された。

土星探査機カッシーニの観測により、エンケラドゥスの南極付近から水蒸気や氷が噴出していることがわかった。土星のEリングはこの噴出物から作られたと考えられている。