スマートフォン用の表示で見る

映画

エンタープライズ

えんたーぷらいず

 SFドラマ【スタートレック】シリーズに出てくる惑星連邦宇宙艦の名前。同作品の代名詞的存在。 

 艦隊登録番号はNCC-1701(後継艦は以下に、-A、-B、-C、-D、-Eを付加する)

の6隻がある。

 惑星連邦宇宙艦隊の象徴的存在であり、旗艦ともされる。なお、艦種は、C型艦までは重巡洋艦、D型艦以降は巡洋戦艦として扱われる場合がある*8

 【スタートレックエンタープライズ "Star Trek Enterprise"】に出てくる地球連邦宇宙艦隊SSエンタープライズ〕もある。艦隊登録番号はNX-01。ワープ5が出せるエンジンを積んだ最初の宇宙船

プラッツ 1/1000 スタートレック エンタープライズ NCC-1701-B プラモデル

プラッツ 1/1000 スタートレック エンタープライズ NCC-1701-B プラモデル

プラッツ 1/1400 スタートレック エンタープライズ NCC-1701-C プラモデル

プラッツ 1/1400 スタートレック エンタープライズ NCC-1701-C プラモデル

プラッツ 1/1400 スタートレック エンタープライズ NCC-1701-D プラモデル

プラッツ 1/1400 スタートレック エンタープライズ NCC-1701-D プラモデル

プラッツ 1/1400 スタートレック エンタープライズ NCC-1701-E プラモデル

プラッツ 1/1400 スタートレック エンタープライズ NCC-1701-E プラモデル

*1TVドラマ宇宙大作戦"TOS"】の主役艦。

*2:映画版ST1〜ST3に登場。TOS登場艦の改装艦。ST3【ミスタースポックを探せ】で自爆喪失。

*3:映画版ST4〜ST6に登場。初代艦の代艦として、新造艦を改名。

*4:映画版ST7【ジェネレーションズ】冒頭に登場。事故にあった宇宙船の救出の際に、カーク大佐が行方不明に。

*5:TVシリーズ【新スタートレック:ネクストジェネレーション"TNG"】の1エピソードに登場。

*6:TVシリーズ【新スタートレック:ネクストジェネレーション"TNG"】の主役艦。映画版ST7にて大破喪失。

*7:映画版ST8〜ST10に登場。

*8:戦時など。

一般

エンタープライズ

えんたーぷらいず

H.M.S. Enterprise

E級軽巡洋艦の2番艦。(イギリス海軍

ドイツ海軍が高速機雷敷設艦を整備しているとの情報により、その捕捉・撃破のために高速力が要求され、計画・建造された。

従来の巡洋艦に比べ、LB比の大きな細長い船型に、大出力のエンジンを搭載。偵察機の運用能力も持った。

同時期に、米海軍空母エンタープライズが存在したため、二次大戦時は名前の混乱を生じないよう配慮したことから、本艦は大西洋エリアのみで活動していた。

要目

  • 満載排水量:9,450t
  • 全長:173m
  • 主機:蒸気タービン
  • 出力:80000shp
  • 速力:33knots
  • 兵装
    • 6"L45 RF-Gun Twin*1+Single*5(Enterprise以外は単装のみ7門)
    • 4"L45 AA-Gun*3
    • 21"TT(Triple)*4
    • SeaPlane*1

一般

エンタープライズ

えんたーぷらいず

1.アメリカ海軍航空母艦

  1. エンタープライズCV-6(1938〜1960)第2次世界大戦時の太平洋艦隊の主力空母
  2. エンタープライズCVN−65(1961〜2012)原子力空母太平洋艦隊を経て大西洋艦隊に配備されていた

2.NASAスペースシャトル

 1977年実験機1号として主に滑空実験に使用

 通常ならコンステレイションと名づけられる予定であったが全米のトレッキーによる署名活動によりエンタープライズと名づけられた

3.SF作品【スタートレック】シリーズの主役航宙艦

 別項目を参照。

一般

エンタープライズ

えんたーぷらいず

アメリカ海軍航空母艦の名。第二次大戦で活躍したCV-6と、戦後建造された世界初の原子力空母CVN-65がある。

CVN-65の全長約336mはニミッツ級をも上回る。

一般

エンタープライズ

えんたーぷらいず

「業務用の」という意味のカタカナ英語.