オーキシン

植物ホルモンのうちインドール酢酸、ナフタレン酢酸などの総称。

細胞の伸長、発根促進、細胞分裂の促進、単為結実の促進、カルス形成などを引き起こす。 植物ホルモンの中でも多く使用される。

茎端で作られ、植物の屈性を引き起こす。

また、菌類の中には植物に寄生してオーキシンを生産することにより、異常な成長を引き起こすもの(天狗巣病など)がある。