スマートフォン用の表示で見る

オートフォーカス

アート

オートフォーカス

おーとふぉーかす

AF

カメラで、被写体との距離を自動的に計測しピントを合わせる機構。(画像露出を自動計測する機構は「AE」(自動露出))

現在では、ごく一部のマニュアルカメラ以外にはこの機構がほぼ標準装備されている。ちなみに、世界初のオートフォーカスカメラを開発したのは、コニカ(現・コニカミノルタ)である。

コンパクトカメラでは、映像のコントラスト(明暗)の差をピント合わせに使用するものが多い。他にも、超音波を使って被写体までの距離を計測するものもある。一眼レフカメラでは、位相差検出という方法が一般的である。

どちらも、暗かったりコントラストが低いノッぺりした被写体には、ピントが合いづらい欠点を持つ。

関連語 リスト::写真用語