スマートフォン用の表示で見る

オーバーエイジ

スポーツ

オーバーエイジ

おーばーえいじ

主にオリンピックサッカー競技男子において、出場資格の年齢制限より年長の選手を登録できる制度のこと。

1992年のバルセロナオリンピックから男子サッカーの出場資格を23歳以下の選手に限定する制約が設けられ、1996年のアトランタオリンピックから24歳以上の選手を3人まで登録できるオーバーエイジの制度が導入された。

サッカー日本代表では、オーバーエイジ枠を使用するか否か、またどの選手をオーバーエイジで起用するか、しばしば議論の的となっている。