スマートフォン用の表示で見る

オープンバイオ研究会

サイエンス

オープンバイオ研究会

おーぷんばいおけんきゅうかい

オープンバイオ研究会

オープンソースバイオインフォマティクスプロジェクトを推進させることを目的とした研究会。

http://open-bio.jp/

目的

海外では、BioPerl, Biopython, BioJava, EMBOSS などバイオインフォマティクス用のソフトウェア開発プロジェクトを円滑に推進するために Open Bio Foundation (OBF) が重要な役割を果たしており、これらのソフトウェアを含む数多くのオープンソースソフトウェアアカデミックコマーシャルを問わず広く使われています。しかし、国内ではこれらのプロジェクトに関わっている開発者が少ないことや、日本語ドキュメントの不足からか、まだ十分には活用されていませんし、国際的にも貢献が足りない状況です。この研究会では、以下のような活動を通じて「オープンバイオ」の国内での普及をはかり、海外へも成果をフィードバックできるようなコミュニティを形成していきたいと思います。

日本バイオインフォマティクス学会 (JSBi) のニュースレター第12号に「バイオインフォマティクスコミュニティ新潮流」として、オープンバイオ研究会の活動を含む特集記事が掲載されていますので、ぜひご覧ください。

http://www.jsbi.org/jsbi_new/NewsLetter/newsletter_12.pdf

研究会

ユーザとディベロッパの情報交換や交流を目的とした研究会を年に数回開催することをめざしています。ソフトウェア技術の相互交流や、各種アプリケーションの利用方法だけでなく、開発にあたってのライセンス問題や、共同で取り組むべき課題などについてディスカッションできる場を作りたいと思います。

研究会の開催時期は http://open-bio.jp/ にて随時告知されています。