オイレンブルク

一般

オイレンブルク

おいれんぶるく

フリードリヒ・アルブレヒトオイレンブルク伯爵(Friedrich Albrecht Graf Eulenburg).

プロイセン外交官政治家(1815-1881).

1859年にタイ・清国・ハワイ・日本との通商を目的とするプロイセン東アジア遠征艦隊司令官兼全権公使に任命され,アジアへ来航.

1861年1月に幕府と日普修好通商条約を締結するが,この際ドイツ諸邦との一括締結は拒絶され,プロイセン一国との締結に留まる.

帰国後の1862年にビスマルク内閣内務大臣に就任した.

著書『プロイセン東アジア遠航』(1864)『東アジアについての手紙』(1860-62)『オイレンブルク日本遠征記(上ISBN:4-8419-1008-5, 下ISBN:4-8419-1009-3)』など.