オクターヴ・ミルボー

読書

オクターヴ・ミルボー

おくたーう゛みるぼー

Octave Mirbeau

フランス作家劇作家

1848年2月16日- 1917年2月16日。

ジャーナリストとして出発、1899年に小説『責苦の庭』を発表して注目をあびる。続いて1900年には『小間使の日記』をあらわし、1903年には芝居の脚本『事業は事業』を書き、自然主義作家としての地位を確立した。