オズワルド・アルディレス

スポーツ

オズワルド・アルディレス

おずわるどあるでぃれす

Osvaldo César Ardiles

アルゼンチンの元サッカー選手、サッカー指導者。愛称は「オジー」。

1952年8月3日生まれ。身長168cm、体重66kg。

経歴など

現役時代のポジションはミッドフィルダーアルゼンチン代表として63試合出場、8ゴールを記録。地元アルゼンチン開催となった1978年のFIFAワールドカップでは、マリオ・ケンペスダニエル・パサレラらとともに活躍、小柄な体格ながらクレバーで柔軟なプレイでアルゼンチンの初優勝に大きく貢献し、大会最優秀MFに選ばれた。1982年FIFAワールドカップにもフル出場した。

1978年W杯後、イングランド初のアルゼンチンプレイヤーとしてトッテナム・ホットスパーに入団。FAカップで優勝するなど活躍したが、1982年アルゼンチンイングランドとの間でフォークランド紛争が起き、その間はフランスのパリ・サンジェルマンレンタル移籍した。トッテナムでは1984年UEFAカップ優勝も果たした。選手としてはイングランドで現役生活を終えている。現在でも非常にまれなことだが、イングランドで成功し、尊敬を集めた選手として記憶されている。

指導者としてのキャリアもイングランドから始まり、古巣トッテナムなどを指揮した。1996年には清水エスパルスの監督として来日。攻撃的なパスサッカーを展開し、1996年にJリーグカップ優勝、1998年はJリーグ年間成績3位となりJリーグ最優秀監督賞を受賞するなど手腕を発揮した。その後一度クロアチアに渡るが、2000年には横浜F・マリノスの監督に就任。同年Jリーグ1stステージ優勝を果たしたが、チャンピオンシップでは2ndステージ優勝の鹿島アントラーズに敗れた。2001年は成績不振のためシーズン途中で解任された。2003年6月、再び日本に戻り東京ヴェルディ1969の監督に就任。2004年シーズンには天皇杯全日本サッカー選手権大会優勝に導いたが、翌年またも成績不振のためシーズン途中で解任された。

2012年、Jリーグ ディビジョン2に昇格したばかりの町田ゼルビアの監督に就任したが、最下位となりJFLに降格した。同年11月17日、監督を退任した。


リスト::サッカー選手