スマートフォン用の表示で見る

オットー・スコルツェニー

一般

オットー・スコルツェニー

おっとーすこるつぇにー

1908年6月12日オーストリアウィーン生まれ。 1975年7月6日スペインマドリッドで死去。

ナチスドイツの親衛隊員。最終階級はSS大佐。

第二次大戦がはじまると、志願し、1941〜42年は東部戦線で戦う。

1943年ムッソリーニの救出作戦を指揮し、成功させる。

1944年、ヒットラー直々の命により、グライフ作戦を指揮。

バルジの戦いの最中、米兵に偽装した兵を率いて、連合軍を大いに撹乱。「ヨーロッパで最も危険な人物」と呼ばれる。