スマートフォン用の表示で見る

オットー・フォン・ギールケ

社会

オットー・フォン・ギールケ

おっとふぉんぎるけ

Otto von Gierke、1841年1月11日 - 1921年10月10日、ドイツ法学者。

人物

19世紀にドイツに発生した歴史主義に基づく歴史法学派のうちゲルマニステンに属し、「ゲルマニスト最後の巨匠」と呼ばれた。彼は、法を言語と同じ様に民族共通の確信である「民族精神」(Volks geist)の発露として捉え、民族の歴史とともに自ずから発展するものであるとして、法とその民族の道徳を一致するものととらえ、同じ歴史法学派のロマニステンを空虚な個人の概念を基礎とする法実証主義として厳しく批判した。人格権(Personalitatsrecht)の概念の提唱者でもある。

略歴

1841年1月11日プロイセンのシュテティンに生れる。

ハイデルベルク大学、ベルリン大学法律学を学び、ゲオルク・ベーゼラーを師に、1860年19歳の若さで学位論文を書き上げて弁護士に、1865年司法官試補になる。

1870年ハイデルベルク大学助教授1872年ブレウスラウ大学教授、1887年ベルリン大学教授、1902年ベルリン大学総長となる。1921年10月10日シャルロッテンブルクで永眠。

著著

ドイツ団体法論』(Das deutsche Genossenschaftsrech)

ドイツ私法論』(Deutsch Privatrecht)。

中世の政治理論』 [単行本] 阪本 仁作 (翻訳)


参考文献

勝田有恒、山内進編著『近世・近代ヨーロッパ法学者たち―グラーティアヌスからカール・シュミットまで 』(ミネルヴァ書房、2008年)

関連文献

川角由和「オットー・フォン・ギールケの法思想と「私法の社会化」 : ひとつの批判的「覚え書き」」

ギールケの団体法論 (1929年) 石田 文次郎