スマートフォン用の表示で見る

オナニーマシーン

音楽

オナニーマシーン

おなにーましーん

メンバー

イノマー(Vo/B)

オノチン(G/Vo.)

ガンガン(Dr)

2003年7月24日、サンボマスターとのスプリットアルバム「放課後の性春」でメジャーデビュー。

その後、人気バンドとしての地位を固めていったサンボマスターに対し、オナマシのほうは予定通りにメジャーをクビになり、現在はインディーズで活躍している。


ライブでは全裸になり、使用済みティッシュを撒くパフォーマンスで人気。日比谷の野音でも全裸になり、放送禁止用語皇居に向かって連呼したため出入り禁止に。その他にも多くのライブハウスから出入りを禁止されている。

奇数月の最終土曜日にはティッシュタイムという自主企画を渋谷La.Mamaにて行っている。過去の出演バンドに氣志團オナマシのファーストアルバム「恋のABC」ではコーラスにも参加)、サンボマスター(一時期はレギュラー出演も現在は疎遠に)、銀杏BOYZ(古くはGOING STEADYとしても参加・最近は峯田和伸ソロ出演もあり。ミネタイノマーはバンドの枠を超えての交流も多)など。毎回特異な出し物を魅せるライブは必見!

変則ユニットを組むことも多い

・ゴーイングオナニーGOING STEADYとの共演

・アンオナニーイノマーサンボマスター山口隆弾き語り

オナニーBOYZ:銀杏BOYZとの競演

・エナマシ:ギターオノチンの代わりに、エナポウ(ex.ロリータ18号)が参加

・THE オナニーイノマー+オノチン(ガンガン抜き)

・エロビス:イノマー+堀井与志郎(HIGHWAY61)+エナポゥ音夢(デラ☆センチメンタル)

など

2006年には初ライブ盤『ティッシュタイム』、7年間のレア映像を収めた愛と涙とローションまみれの作品集、初のDVD裸の大将〜野に咲くバカのように〜』を発売。

『焦りとか野望とかないもの。ずっと、こんな感じで続けば良いと思ってる。』とか、イノマーブログに書きつつも、常に新しい”おもしろ”を求め実行する本当のリアル性春パンクバンドである。