オフピーク通勤

一般

オフピーク通勤

おふぴーくつうきん

通勤時の混雑時間を避けて通勤すること。

日本では朝9時から業務開始とする会社が多く、そのため7時頃(周辺居住地域)〜9時前頃(オフィス街)の時刻帯に鉄道利用者が集中、許容量を遥かに超え問題化している。

そのため、この時間帯を避けて利用してもらうことでピーク時の混雑を緩和し、また空いている便を有効活用して快適に通勤してもらおうという運動が起きた。

しかし、会社側の出勤時間も変化しなければオフピーク通勤は実現できない。このため1日8時間、または週40時間出勤すれば出社・退社時間を問わないフレックスタイム制などが提案されているが、なかなか採用には至らず、従ってオフピークの実現にもほど遠いのが現状である。

関連キーワード

ズレ勤