オメガスプリーム

アニメ

オメガスプリーム

おめがすぷりーむ

 トランスフォーマーシリーズのキャラクター

オメガスプリーム(声:玄田哲章無印)、江原正士(『2010』))

 登場作品『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー

 巨体が特徴のサイバトロン戦士で、単独で、合体戦士と互角以上のパワーとサイズ。

 トランフォームすると、宇宙ロケット発射台・戦車に分解変形する。

 昔、メガトロンの洗脳装置ロボスマッシャーにより電子頭脳にダメージを受け、怒り以外の感情を無くしている。ビルドロン部隊とはかつては友人同士だったらしい。

 元々、アニメと無関係の玩具を流用したため、強引な変形の多い初期トランスフォーマの中でも、特に無茶な変形をしている。変形した後は、ロケット部分のみが戦闘や仲間の輸送をしているが、そのロケット部分は両腕のみで構成されている。頭(電子頭脳はここにある)と胴体は戦車、他のパーツは発射台に変形するが、ロケットが飛んでいくと、当然置き去りにされる。しかし、ロケットが着陸すると、それが例え宇宙の遠い彼方でも、なぜか置いてきたはずのパーツが現れて、ロボットモードに戻るという、理不尽な現象が毎回起こる。

 なお、もともとの玩具の開発元が旧トミー*1だったため、タカラトミー合併後、金型が発見され復刻販売が可能になったという数奇なエピソードがある。似たような経緯を持ったものにスカイリンクス?がある。

トランスフォーマー アンコールSPECIAL 09 オメガスプリーム

トランスフォーマー アンコールSPECIAL 09 オメガスプリーム

 前身はかつての都市防衛巨大兵器ガデプ(声:城山知馨夫)、それ以前にはクインテッサ星人が製作した巨大ロボ・ガデポとされており、複数体が存在していたらしい。

オメガスプリームスーパーリンク)(声:三宅健太

 登場作品『トランスフォーマースーパーリンク

 ユニクロンの再生を阻止するために、石像の状態から復活した、古代のトランスフォーマー

 巨体が特徴のサイバトロン戦士で、単純なパワーのみならず、神秘的な力も持っている。さらに、グランドコンボイスーパーリンクしてオメガコンボイとなる。

 変形形態は列車と戦艦に分離。さらに、この二体が連結する事で大型宇宙戦艦になる。本体部分は頭部に変形している小型トランスフォーマーオメガ」で、変形合体形態にあわせてドッキング位置を移動し、また、番外編エピソードでは、オメガ部分のみで、おおっぴらに登場していた。

ユニクロン戦の際「大きさや姿形に惑わされるな、大きさの概念を取り払うのだ」とグランドコンボイに言い

プライマスの力によってオメガコンボイユニクロンと同じ惑星サイズとなった。

トランスフォーマー オメガスプリーム SC-22

トランスフォーマー オメガスプリーム SC-22

オメガスプリームアニメイテッド)(声:玄田哲章

 登場作品『トランスフォーマーアニメイテッド

 かつてセイバートロン星であった大戦におけるオートボットの決戦兵器であり、大型宇宙船に変形。ラチェットの制御でオートボットを勝利に導いたものの大破して行動不能に陥っていた。

 その後チーム・オプティマスの母艦として与えられ、中盤で復活。しかしスペースブリッジによってワープさせられた後同様にワープさせられたメガトロン・一時頭部のみとなったスタースクリームらに乗っ取られ、『サリの星』での最終決戦ではラグナッツ?の制御の下、クローンであるラグナッツスプリーム?部隊を従えてオートボットに相対することとなった。が、最終的には当初の制御者であったアーシー?の手により自我を取り戻すことに成功する。

 なお乗っ取られた際、画面状となっている顔面には制御者の頭部が映し出されるという演出があった。

 

*1:発売元はトイボックス

目次
  • オメガスプリームとは
    • オメガスプリーム(声:玄田哲章(無印)、江原正士(..
    • オメガスプリーム(スーパーリンク)(声:三宅健太)
    • オメガスプリーム(アニメイテッド)(声:玄田哲章)