オリジナル・ラブ からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

音楽

オリジナル・ラヴ

おりじなるらぶ

1986年レッドカーテン結成。翌年改称して現名称になる。

1988年から1990年にかけては、田島貴男ピチカートファイヴを兼任しながら、ライヴを中心に活動。1991年メジャーデビュー。

東芝EMI所属時はメンバーの入れ替わりが激しかったが、ポニーキャニオンへ移籍してからは田島貴男の個人ユニットに収斂した。スタジオでは曲ごとに最適なミュージシャンを自由に集め、ライヴツアーでは比較的固定したメンバーを揃えている。

田島の貪欲な音楽性により「アルバムごとにスタイルを変える」というスタイルになってしまっているため、ジャンル分けは難しい*1

渋谷系の代表格と言われたこともあるが、肉体性を前面に押し出すスタイルは、渋谷系のなかでも異色の存在だった。「渋谷系御三家*2の中で唯一現存しているのは皮肉でさえある。

代表曲

「接吻」「朝日のあたる道」「プライマル

アルバム

シングル

*1田島貴男の根底にあるのはパンクであるらしい。

*2:あとの二つはピチカート・ファイヴフリッパーズ・ギターといわれる。