スマートフォン用の表示で見る

オリバー君

動植物

オリバー君

おりばーくん

ごく普通の猿なのになぜか「人とチンパンジーのハーフ」「遺伝子が人類に近い類人猿」「ヒューマンジー」として周囲に持ち上げられていた哀れな猿。もともとはアフリカで捕獲されて、サーカス猿回しの元に飼育されていたが、1976年に来日させられて人気者になる。

ブーム時に染色体が人間とチンパンジーの間であるとされたが、後の再調査でただのチンパンジーであることが判明し、ブームはすぐに終焉。人知れず実験動物として檻に入れられるハメに。実験用に解剖される寸前に助かり、フランス動物愛護ボランティアの家で余生を過ごしているらしい。