オリンピックサッカー からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

スポーツ

オリンピックサッカー競技

おりんぴっくさっかーきょうぎ

夏季オリンピックにおけるサッカー競技。

男子は1932年のロサンゼルスオリンピック以外毎回実施されている。女子サッカーについては1996年のアトランタオリンピックから正式種目となった。

かつて国際オリンピック委員会(IOC)は、オリンピックへのプロ選手の参加を認めておらず、アマチュア選手のみが出場していたが、1984年ロサンゼルスオリンピックからプロ選手の参加を容認した(オリンピックの商業化)。サッカーの集客力を利用したいIOCFIFAワールドカップを最高峰の大会と位置付けたい国際サッカー連盟(FIFA)との対立が起きたが、結局ロサンゼルス五輪は、欧州南米の代表チームはFIFAワールドカップ出場経験のあるサッカー選手は参加できないという条件付きでプロ選手の参加が認められた。そして、1992年のバルセロナオリンピックから出場資格を23歳以下の選手に限定する制約が設けられ、1996年のアトランタオリンピックから24歳以上の選手を3人まで登録できるオーバーエイジの制度が導入された。

多くの競技にとってオリンピックは最高峰の舞台であるが、オリンピックサッカー競技は上記のような経緯から実質的に年齢別選手権として実施されているため、FIFAワールドカップ夏季五輪と同年に行われるUEFA欧州選手権と比べて(世界的な)注目度や権威は低い。一方で女子は出場資格に年齢制限はなく、FIFA女子ワールドカップと同等以上の大会に位置づけられている。

FIFAワールドカップ等と同様、各大陸別に出場枠が設定され、各大陸サッカー連盟の管轄のもとに予選が行われる。欧州サッカー連盟(UEFA)は夏季五輪前年に行われるUEFA U-21欧州選手権に予選を兼ねさせている。なお、イングランドスコットランドウェールズ北アイルランド英国4協会の代表チームはUEFA U-21欧州選手権で好成績を収めても出場権は与えられず、下位の代表チームが繰り上がりで出場権を獲得することになる。2012年のロンドンオリンピックでは、ホスト国としてイギリス代表を組織したが、参加したのはイングランドウェールズの2協会の選手のみで、スコットランド北アイルランドの2協会の選手は選出されなかった*1

サッカー日本代表1964年メキシコシティオリンピック銅メダルを獲得した。2012年のロンドンオリンピックでは、サッカー日本女子代表なでしこジャパン)が銀メダルに輝いた。

歴代結果

男子

開催地優勝準優勝3位日本の成績
1908年ロンドンイギリスデンマークオランダ不参加
1912年ストックホルムイギリスデンマークオランダ不参加
1920年アントワープベルギースペインオランダ不参加
1924年パリウルグアイスイススウェーデン不参加
1928年アムステルダムウルグアイアルゼンチンイタリア不参加
1932年ロサンゼルス開催されず
1936年ベルリンイタリアオーストリアノルウェーベスト8
1948年ロンドンスウェーデンユーゴスラビアデンマーク不参加
1952年ヘルシンキハンガリーユーゴスラビアスウェーデン不参加
1956年メルボルンソビエト連邦ユーゴスラビアブルガリア1回戦敗退
1960年ローマユーゴスラビアデンマークハンガリー予選敗退
1964年東京ハンガリーチェコスロバキアドイツベスト8
1968年メキシコシティハンガリーブルガリア日本銅メダル
1972年ミュンヘンポーランドハンガリーソビエト連邦
東ドイツ
予選敗退
1976年モントリオール東ドイツポーランドソビエト連邦予選敗退
1980年モスクワチェコスロバキア東ドイツソビエト連邦予選敗退
1984年ロサンゼルスフランスブラジルユーゴスラビア予選敗退
1988年ソウルソビエト連邦ブラジル西ドイツ予選敗退
1992年バルセロナスペインポーランドガーナ予選敗退
1996年アトランタナイジェリアアルゼンチンブラジルGL敗退
2000年シドニーカメルーンスペインチリベスト8
2004年アテネアルゼンチンパラグアイイタリアGL敗退
2008年北京アルゼンチンナイジェリアブラジルGL敗退
2012年ロンドンメキシコブラジル韓国4位

女子

開催地優勝準優勝3位日本の成績
1996年アトランタアメリカ合衆国中国ノルウェーGL敗退
2000年シドニーノルウェーアメリカ合衆国ドイツ予選敗退
2004年アテネアメリカ合衆国ブラジルドイツベスト8
2008年北京アメリカ合衆国ブラジルドイツ4位
2012年ロンドンアメリカ合衆国日本カナダ銀メダル

*1イギリス女子代表は、イングランドスコットランドの選手から選出。