オリヴァー・ビアホフ

スポーツ

オリヴァー・ビアホフ

おりう゛ぁーびあほふ

Oliver Bierhoff

ドイツの元サッカー選手。現役時代のポジションはフォワード

1968年5月1日生まれ。カールスルーエ出身。身長191cm、体重90kg。

表記はビエルホフとも。

経歴・プレースタイルなど

恵まれた体格で空中戦に絶対の強さを持ち、打点の高いヘディングでボールをゴールへと叩き込むストライカー

1986年、バイエル・ユルディンゲンでキャリアをスタート。ドイツではほとんど活躍できなかったが、オーストリアイタリアへと渡り成長を遂げる。1995年にウディネーゼに入団すると、アルベルト・ザッケローニ監督の下で大ブレイクを果たす。3-4-3フォーメーションのセンターフォワードに起用されると得点を量産、1997-98シーズンにはセリエAで27得点をマークして得点王を獲得する活躍をみせ、チームを3位へと進出させる原動力となった。

ドイツ代表としては、1996年2月、ポルトガルとの親善試合で代表デビュー。1996年のUEFA欧州選手権では、チェコとの決勝戦の後半に途中出場すると、同点弾と延長ゴールデンゴールの2得点をマークして、ドイツの3回目の優勝に貢献した。1998年・2002年FIFAワールドカップ、2000年UEFA欧州選手権の代表メンバー。1998年から2001年までドイツ代表のキャプテンを務めた。代表通算70試合出場、37得点を記録。

1998年にはザッケローニとともに名門のACミランに移籍。入団1年目の1998-99シーズン、セリエAで20得点を挙げる活躍で、スクデット獲得に貢献した。その後はアンドリー・シェフチェンコの加入で次第に出場機会が減少。2002年にミランを退団した後は、ASモナコFCACキエーヴォ・ヴェローナに在籍し、2003年に現役引退した。


リスト::サッカー選手