スマートフォン用の表示で見る

オルタナティブ投資

社会

オルタナティブ投資

おるたなてぃぶとうし

オルタナティブ投資:(alternative investment)

先進国株式債券などの伝統的資産投資して値上がり益や配当収入を期待する運用手法とは異なる投資対象・投資戦略を組み合わせたさまざまな投資手法による運用の総称.

すなわち空売り先物オプションスワップなどの金融派生商品を活用したり、低格付けの債券などを組み入れて従来型の運用とはことなるリスクリターンの獲得をめざす。相場の動向にかかわらず絶対的な収益の確保を目標に掲げるものが多いが、不動産指数などなんらかのインデクスをベンチマークとするものもある。

具体的にはヘッジファンドファンド・オブ・ヘッジファンズ,未公開株,コモディティマネージド・フューチャーズ,マネージド・カレンシー,不動産ベンチャーキャピタル等,幅広い投資オルタナティブ投資に含まれる.

さまざまな分類が考えられるが、一例を示す。他にも、意思決定が定量的(Quantative)・統計的(Stochastic)か裁量的(Judgemental)かなどによる分類がある。

  1. 非伝統的な投資対象
  2. 非伝統的な投資戦略
    1. レラティブ・バリュー?
    2. ディレクショナル・トレード?
  3. 組み合わせ