オレステス・デストラーデ

スポーツ

オレステス・デストラーデ

おれすてすですとらーで

Orestes Destrade y Cucuas

MLB選手・プロ野球西武ライオンズの選手。通称「カリブの怪人」。

右投両打、ポジションは指名打者背番号は39。


1962年5月8日生まれ。キューバサンティアゴ出身。

1968年アメリカ合衆国亡命フロリダ州タンパで育つ。

1980年アナハイム・エンゼルスドラフト23位でプロ入り。1987年ニューヨーク・ヤンキースに移籍。

1988年、ピッツバーグ・パイレーツに移籍。


1989年6月、西武ライオンズに入団。タイラー・バン・バークレオに代わり指名打者として定着。

外国人選手としては珍しく両打ちで、ホームランを量産。

3番秋山幸二、4番清原和博とともにクリーンナップとしてAKD砲を形成、西武ライオンズ黄金時代に貢献。

1990年から1992年まで3年連続本塁打王1990年1991年には打点王を獲得。

1992年、退団。

1993年、新規設立されたMLB球団フロリダ・マーリンズ4番打者としてプレー。1994年5月に退団。

1995年シーズン途中に、再び西武ライオンズに復帰。しかし思うような活躍はできず、退団。

5月9日のオリックス・ブルーウェーブ戦では投手として登板した。*1

その後はアメリカでビジネスをしていたが、故郷の新球団タンパベイ・デビルレイズの選手として復帰、引退後は渉外担当として活動していた。

マスターズリーグ東京ドリームスの選手としても参加。

2005年、東北楽天ゴールデンイーグルスの打撃コーチへの就任を依頼されたが固辞。

*1:大差のついた試合で観客に向けた余興、東尾修監督の提案による。イチロー三塁打を打たれる。