スマートフォン用の表示で見る

音楽

オレンジジュース

おれんじじゅーす

イギリススコットランドグラスゴー出身のバンド。[Orange Juice]。

1977年グラスゴーアートスクールに通う学生だった、エドウィン・コリンらが結成した「ザ・ニューソニックス(Nu−Soniks)」というバンドが前身。

2年後の1979年に「オレンジジュースOrange Juice)」に改名、この時点でのメンバーは、(ギター・ヴォーカル)エドウィン・コリンズ、(ギター)ジェイムズ・カーク、(ベース)デヴィッド・マックリモント、(ドラムス)スティーヴン・ダリーの4人。

当時は、パンクムーヴメントがまだ冷めやらぬ時期だったが、この4人は「見せかけの暴力性は大嫌い」と公言し、他のポスト・パンクのバンドとは一線を画す存在だった。そんな彼らの才能を見抜いたアラン・ホーンという人物が、自腹で彼らのレコーディングを慣行し、アランとエドウィンの二人で伝説のインディーズレーベルの『ポスト・カード・オブ・スコットランド』を設立する。このレーベルは、アズテック・カメラのロディ・フレームを見出したレーベルである。

このポスト・カードから4枚のシングルをリリースし、81年秋にポリドールとのメジャー契約を発表するが、彼らの才能の花は、すでにこのポスト・カード時代に開いていたといっても過言ではない。

グループは、ファースト・アルバム『キャント・ハイド・ユア・ラヴ・フォーエヴァー』を発表後、ジェイムズとスティーヴンが脱退する。のちにバンドは3枚のアルバムを発表するが、インディーズ時代にあった、先進的なクリエイティヴさにには遠く及ばない出来栄えであった。

オレンジジュース自体は1985年に解散したが、日本においては1990年代半ばに、フリッパーズ・ギターが日本に改めて紹介し、廃盤になっていたデビューアルバムやポストカード時代の曲を集めたコンピレーションがCDで再発された。その時のインパクトは、リアルタイムの時のものより大きく、日本においては、90年代の音と記憶されている感がある。

アート

オレンジジュース

おれんじじゅーす

人力舎所属の若手お笑いコンビ。


M−1グランプリ2005 三回戦進出

2007年10月4日をもって解散。


リスト::お笑い関連

オレンジジュース

おれんじじゅーす