スマートフォン用の表示で見る

オワンクラゲ

動植物

オワンクラゲ

おわんくらげ

2008年、ノーベル化学賞を受賞した下村脩氏の研究対象として有名になったクラゲ

3月から6月にかけ、日本各地の海で捕獲され、他のクラゲやプランクトンなどを食べて直径10センチ位に成長する。

野生のオワンクラゲは刺激を与えると緑色に光るが、繁殖させた水族館のクラゲは発光しない。

下村脩氏が賞を受賞した直後からオワンクラゲを展示する「加茂水族館」(山形県鶴岡市)、「海響館」(山口県下関市)、「海遊館」(大阪府大阪市)など日本各地のクラゲを展示する水族館で人気者になった。


関連語 リスト::動物