スマートフォン用の表示で見る

オンド・マルトノ

音楽

オンド・マルトノ

おんどまるとの

電子楽器のひとつ。1928年フランスの電気技師でありチェリストでもあったモリス・マルトノが発明した。三極真空管から発信される音をコントロールする。

ロシアテルミンドイツトラウトニウムなども同類の楽器。

楽器の構造

音の拡張装置に4種類のスピーカーを用いているのが特長。アコースティック感のある音と非常にインパクトのある外観とをもたらしている。

  1. 銅鑼を利用したメタリック
  2. 共鳴弦の張られたパルム
  3. 残響音が美しいリバーブ
  4. 音色のベースとなるプリンシパル

キーボード部は、鍵盤および前に張られた長い1本の弦(リボン)を右手であやつって音の高さを決定し、本体の引き出しにある「トゥッシュ」と呼ばれるボタンを左手で操作して音の長さや大きさをコントロールする。

著名な使用曲

日本で有名なところではNHK大河ドラマ独眼竜政宗」と「八代将軍吉宗」のテーマソング(共に池辺晋一郎asin:B00005FMEL

著名な演奏家

参考URL

http://www.ondes-martenot.net/pblog/
http://mirabeau.cool.ne.jp/onde/index2.html