カーチス・ルメイ からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

一般

カーティス・ルメイ

かーてぃするめい

アメリカ陸軍航空隊、後にアメリカ空軍の軍人。

第二次世界大戦中、ドイツの各都市に対する戦略爆撃を前線で指揮する。

戦中に太平洋戦線に転じ、日本の各都市に対する焼夷弾攻撃、広島長崎に対する核攻撃を指揮する。

戦後、日本国航空自衛隊の創成に尽力したとの功績をたたえられ、佐藤"ノーベル平和賞"栄作首相から、勲一等旭日大綬章というものを授けられた。

キューバ危機では核先制攻撃を進言するが、受け入れられなかった。

その後、副大統領候補になるが、落選。

長寿を全うする。