スマートフォン用の表示で見る

カーニヴァル化する社会

読書

カーニヴァル化する社会

かーにう゛ぁるかするしゃかい

鈴木謙介の著作。

2005年5月,講談社現代新書

「日常の祝祭化」の中を生きる

私たちの生きる社会は、上述してきたような「祭り」を駆動原理にし始めているのではないか、と私は考えている。本書では、そうした祭りのメカニズムについて、様々な事例に分け入りながら明らかにしていきたい。祭りといっても、季節とともに訪れる、伝統的な祝祭のことではない。21世紀に入って以降の我が国で、そしておそらく欧米では20世紀の終わり頃から顕在化し始めた、日常生活の中に突如として訪れる、歴史も本質的な理由も欠いた、ある種、度を過ぎた祝祭について、それはいったい何なのか、なぜ今になってそうした祭りが頻発するのか、といった問題を、様々な角度から論じたのが、この本である。

出版社の紹介文を引用

ISBN:406149788X