スマートフォン用の表示で見る

カーバ神殿

地理

カーバ神殿

かーばしんでん

カーバ神殿メッカマッカ)の大モスクの中央にあり、石造で高さ15メートルの立方体の建物である。コーランの言葉を刺繍した黒い布で覆われている。東隅の壁の下に神聖視された黒石がはめ込まれている。イスラム暦の12月には世界中から多くの巡礼者が集まる。

イスラム教の始祖、ムハンマドメディナマディーナ)への移住(ヒジュラ)後、ムハンマドに率いられたムスリムイスラム教徒を意味するアラビア語アッラーに身を捧げた者の意味)の共同体であるウンマイスラム教団)を成立させ、それを背景にムハンマドメディナの支配者となり、敵対者と戦い、周辺の各部族にイスラム教を布教していく。 630年1月には1万人の軍勢を率いて、かって彼を追放したメッカを包囲し、無血占領した。そこで今まで多神教神殿であったカーバ神殿の偶像を破壊し、以後イスラム教の聖堂とした。