カール・クラウス

一般

カール・クラウス

かーるくらうす

Karl Kraus (1874-1936)。世紀転換期ウィーンユダヤ系諷刺家。非商業的な自主メディアである個人雑誌『ファッケル(Die Fackel, 1899-1936)』〔"Fackel"は「炬火」・「たいまつ」の意〕の執筆および「文芸劇場」と自称された一人芝居的な朗読会を通じて、言葉のパフォーマティヴな力を考察・実践。主な諷刺対象は新聞マスメディアであり、この点で『ファッケル』はブログの先駆とも見なされることがある。ベンヤミンヴィトゲンシュタインアドルノをはじめとする広い範囲の思想家・表現者たちに影響を及ぼした。代表作は新聞記事の引用から成る反戦戯曲『人類最期の日々』、生前は封印されたナチズム諷刺『第三のワルプルギスの夜』、言語論の集成である『言葉』など(いずれも法政大学出版局から邦訳刊)。