カール・マリア・フォン・ウェーバー

音楽

カール・マリア・フォン・ウェーバー

かーるまりあふぉんうぇーばー

(カール・マリア・フリードリヒエルンスト・フォン・ヴェーバー、 Carl Maria Friedrich Ernst von Weber、 1786年11月18日 - 1826年6月5日)

ドイツロマン派初期の作曲家指揮者ピアニスト

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトによるドイツオペラ?の伝統を継承し、自らの『魔弾の射手』によってドイツロマン派オペラ様式を完成、そしてリヒャルト・ワーグナーへと流れを導いた作曲家として重要である。

11歳で初めてのオペラを作曲し、『魔弾の射手』や『オベロン?』などのオペラのほか、『舞踏への勧誘?』などの器楽曲も残す。また、オーケストラの配置を現在に近い形に改めたり、指揮棒を初めて用いた人物としても知られる。

モーツァルトの妻コンスタンツェ?は父方の従姉にあたる。