スマートフォン用の表示で見る

カウニッツ

一般

カウニッツ

かうにっつ

(1711年〜1794年)

オーストリア外交官政治家ハプスブルク帝国とブルボン朝フランス王国の同盟を実現させた。ちなみに、メッテルニヒの義理の祖父にあたる。


オーストリア継承戦争での失地回復を狙うマリア・テレジアによって抜擢され、駐仏大使などを歴任。

永年の宿敵であったブルボン家フランス王国との提携を果たし、これは「外交革命」と呼ばれる一大事件となった*1

後、宰相として七年戦争や戦後の改革などに携わる。

*1:当時の欧州政局の焦点は英仏の対立に移っていたからそれほど重大事でないと見なす考えもありますが、まあそれでも昔年の対立関係を同盟に転換するのは簡単じゃないと思います