スマートフォン用の表示で見る

カエルの為に鐘は鳴る

ゲーム

カエルの為に鐘は鳴る

かえるのためにかねはなる

1992年9月14日に任天堂から発売されたゲームボーイ用ソフト。

ジャンルはアクションRPG(またはアドベンチャーゲーム)。

一見ゼルダの伝説風だが、戦闘は自動で行われる。

ゲームボーイ初期の頃の作品ではあるが、時折挟まれるブラックジョークゲームシステムなどから、ひそかなファンは結構いる。

タイトルの由来は、アーネスト・ヘミングウェイの小説「誰がために鐘は鳴る」から。

2012年9月5日、3DSにおいてバーチャルコンソールでリリースされる。*1

ストーリー

むかしむかしあるところにカスタード王国とサブレ王国という、

仲のよいふたつの国がありました。

そして、それぞれの国には同じ年頃の王子サマがおりました。

カスタード王国のリチャードは、ちょっぴりおシャレでクールな王子サマ。

サブレ王国の王子は単細胞で熱血漢、情にはもろいお金持ちのおぼっちゃま。

ふたりは良きライバルでしたが、剣術の試合だけは

なぜかリチャードに勝てないサブレ王子でした。

そんなある日、ふたりのもとに大変なニュースが届きました。

絶世の美女とうわさの高い「ティラミス姫」の治めるミルフィーユ王国が、

悪の大魔王デラーリン率いる「ゲロニアン軍団」に占領されてしまったのです。

さあ大変!ふたりは姫を助けるため、ミルフィーユ王国に向けて旅立つのでした。