スマートフォン用の表示で見る

カクテルパーティー効果

サイエンス

カクテルパーティー効果

かくてるぱーてぃーこうか

カクテルパーティー効果は、1953年心理学者のコリン・チェリーによって提唱された行動心理で、騒々しい場所などでも自分に関係のある情報には、無意識に注意、意識が向く現象のことをいいます。

多くの人が行きかう騒々しいなかで、自分の名前が呼ばれたことに気付けることや、パーティー会場などの騒々しい場所で相手との1対1の会話がしっかり成り立つなどのことです。

【カクテルパーティー効果】気になるあの人を振り向かせるには? - Web行動心理学研究所 - Powered by infodex co.