カジュアルコピー

casual copy


ソフトウェアや音楽などの著作物を不正にコピーする行為を、何気なく行なう事。

一般的には、友人間の貸し借りやレンタルショップ等で借りた著作物を、個人使用のために軽い気持ち程度でコピーするといった行為を指す。著作物等の販売目的での大量不正コピーは含まれない。

一件あたりの損害は軽微だが、件数が膨大なために著作者側も対策に頭を悩ませているのが現状である。

CD-RドライブやDVD-Rドライブの普及と共に一般に著作物のコピーが蔓延した為、近年ではソフト産業やコンテンツ産業の業界団体カジュアルコピーを行なわないよう啓蒙活動を行なったり、カジュアルコピーを防ぐための簡易なコピー防止機能を持たせたりしている。


これらのコピー対策としては、CCCDレーベルゲートCD等のコピーコントロール機能が有名。しかしその多くはCDの規格に反しており、正当な購入者に対しても有害であるものが多い。

DVDについては規格そのものにCSSプロテクトが存在する為、比較的安心してコピー対策が施されたメディアを使用することが出来る。ただしわずか数年で効力が薄れた事もあり、DTCS?という新プロテクト方式の研究を行っているとのこと。